現在、テーマ移行作業中・・・

自重トレーニングを始める前に知っておきたい!メリット・デメリットを解説

自重トレのメリット・デメリット

こんにちは、おしょうです。

早速ですが、皆さんトレーニングはしていますか?

ジムに通ってトレーニングをしている方、自宅でトレーニングされている方がいると思います。
また、これからトレーニングを始めようと思っている方もいますよね。

私は自重トレーニングをしますが、トレーニングを始めたころに気付いた自重トレーニングのメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

目次

自重トレーニングとは


まずはじめに自重トレーニングとは、自分自身の体重を負荷として行うトレーニングになります。

そのため、初心者の方でも気軽に始めやすいトレーニング方法と言えます。

トレーニングを始めようと思われている方は、自重トレーニングから始めてみましょう。

自重トレーニングのメリット

それではまず、メリットから解説していきます。

自宅ですぐにスタートできる

自重トレーニングは場所と時間を選びませんので、すぐに始められます。
これは最大のメリットと言えるでしょう。

また、ジムなどで人に見られると少し恥ずかしいと感じる方も、周りの目を気にせずに自分のペースでコツコツと始められます。

費用がかからない

自身の体重を負荷として行うトレーニングのため、ジムに通うための会費やダンベルなどの器具を購入するといった費用がかかりません。

服装についてもジムに通うとなると、ビシッ!と決めたトレーニングウェアを揃えているイメージってありますよね。

ウェアも上下全て揃えるとなると費用がかかりますが、自宅でのトレーニングとなればウェアなども気にせずにラフな服装でトレーニングが出来ます。

トレーニングメニューが豊富

自重トレーニングはとにかくメニューが豊富です。

メニューが豊富なので、初心者の方でも飽きることなく継続してトレーニングを行えます。

自重トレーニングのメニューについてはyoutubeなどで誰でも見ることができ、取り入れやすくなっています。

私も動画を見ながらトレーニングをしています。
動画ではどういったところに注意をしてトレーニングを行えば良いか等もわかりやすく解説してくれていますので、非常に魅力的です。

自重トレーニングのデメリット

これまで自重トレーニングのメリットについてみてきましたが、デメリットもありますので解説していきます。

モチベーションを保つのが難しい

自宅での自重トレーニングは気軽に始められる反面、「いつでもできるから今日は休もう」と明日、明後日・・・とズルズルとトレーニングをしない日が続いてしまうことがあります。

また、自重トレーニングを継続していてもなかなか効果がでないからと言って止めてしまう方もいらっしゃいます。

体つきが変化してくるのは「3ヵ月」と言われていますので、すぐに効果を求めずにトレーニングを行うようにしましょう。

トレーニングが効果的なのか判断が難しい

トレーニングをしていても、「本当に効いているのか?」と不安になってきます。

正しいフォーム(姿勢)でトレーニングをしなければ、効果は得られません。
また、鍛えたい箇所とは別の箇所を痛めたりと逆効果になりこともあります。

私も実際に腕立て伏せをしていた際に、腰を痛めてしましました。
腕立て伏せはつま先まで一直線にするのが正しいフォームなのですが、腰が下がったままトレーニングをしていました。

自分の決めた回数を行うことだけが目標となってしまい、正しいフォームでトレーニングできていなかったことが原因でした。

正しいフォームで効果的にトレーニングを行うようにしましょう。

まとめ

以上が自重トレーニングのメリット・デメリットになります。

私は自重トレーニングを継続するにはモチベーションを保つことが重要だと思っています。

自分の理想に近づけるように、少しづつコツコツと始めていきましょう。

私はトレーニングを始めてから体重の増減がほとんど無くなり、今まで来ていたTシャツも若干きつく感じるようになりました。

正しくトレーニングを行えば、必ず成果はでてきます。

この記事が少しでも、これからトレーニングを始めようと考えている方の参考になればと思います。

以上、おしょうでした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

おしょうといいます。
工場勤務の2人娘の父親です。
こちらでは、少しでも役立つ情報をお届けしたいと思います!

目次
閉じる